未分類

高給チョコレートの実力について語ってみた

高給チョコレートの実力に驚きました。おいしいチョコレートは疲れやストレスを癒してくれますが、だからといって食べすぎはいけませんよね。そんな時、友人にすすめられたチョコの食べ方を思い出しました。それは、普段は買わないような高級チョコレートを買って、その1粒を存分に味わって食べることで満足感を得られる上に、食べすぎにはならないという理論です。話を聞いた時は「なるほど」と思ったものの、実際に試したことはありませんでした。私はそれほどグルメではないし、質より量を好むタイプなので、どうしても高級チョコレート1粒で普通のチョコレートなら1箱買えるとそろばんを弾いてしまいます。その結果、食べすぎてしまうわけです。先日、そんな私が思い切って高級チョコレートを買いました。だれもが知る名店のチョコレートで、1粒350円ほどです。一口で食べてしまうにはあまりに贅沢ですが、はたして1粒で満足できるのか実験しました。家に買い置きしてあった普通のチョコレートと高級チョコレートを並べ、主人と一緒に食べ比べてみました。私が選んだ高級チョコレートは、1粒が意外と大きいもので、なんというか味の濃さが違うのです。シットリしていて濃厚で、甘さもしっかりあって、食べ終わってもなお、そのおいしさが尾を引くといった感じです。おいしいのでもう一つといきたいところですが、そうならなかったのが不思議です。じっくり味わって食べたせいか、その濃厚さのせいか、一粒ですっかり満足感を得られたのです。次回の楽しみとして、残りをとっておくことに成功しました。一方、普段食べているチョコレートはというと、おいしいのですが、1粒の満足感が薄っぺらいと言った感じです。主人も同じ感想を持っていましたので、私だけの感覚ではないようです。友人が言っていたのは、こういうことだったのですね。さすが名店の味であり、その値段だけのことはあるなと感じました。1日1粒だけだとしても、私にはちょっと背伸びしすぎなチョコレートですけどね。